【在るは無い】ですね。すごいパラドックスです 
<沖縄県 いろはサマ>
体験セッションを受ける前は、どのような状態でしたか?
どのような悩みがあり、どうなりたいと思っていましたか?

 これまでの気づきは、マインド・レベルでしかなかったのか?…   と云う困惑と、
 波のように押し寄せる感情を観つめる、苦しい状態でした。

 同じ繰り返しは嫌だという思いと、感じている存在が真実かどうかを知りたい
 という両方が、ありました。

実際に体験セッションを受けてみて いかがでしたか?どんな学び、気づきがありましたか?

 気づきは、お釈迦さまの手のひらで遊んでいるだけ…という、あの言葉が、腑に落ちました。

 セッション中は、流れに任せていたので、何をお話したのか??  …終わって後に、
 rubyさんから頂いたセッションの振り返りで、内容を確認しました。  これはとても助かり
 ました。ありがとうございました。

 【在るは無い】ですね。すごいパラドックスです。でも、すごく当たり前のことでした。

 …でも、空っぽではありません。

 まだ、実感としては弱いのですが、【気づくと在る】…ですね。

体験セッションを受ける前と後では変化が起こりましたか?
または今後、変化が起こるような予感がありますか?

 変化はセッションを受けるひと月程前から、ありました。マスターのメルマガから、
 ピン・ポイントの気づきを頂いたり、苦しい状態も一週間前には消えていました。

 セッションを受けて確信したことは、在るにある時は、判断や比較がない、という
 ことです。楽ですねェ…。

 そして、すべては完璧。真実は残るということです。

 変化はあるかもしれませんし、ないかもしれません。
 重要なのは、変わらない【在る】…ですね。

 気づきは求めるとありませんが、持っていることに気づくと、気づくようです。

体験セッションで決めた課題を、実際に行動して、どんな学び、気づきがありましたか?

 この一週間、【在る】を意識するようにしていましたが、時折わいてくる気づきをまとめる
 のに、ついつい夢中になってしまいました。

 この感じは、書き始めた初めの頃の感じに似ています。創造が起こる静かなワクワクが
 感じられます。

 これが、在るからのものか? 思考が活発化しているだけなのか?…よくわからないの
 ですが、イイも悪いもすべて、穏やかです。

 これ、矛盾しているでしょうが、言葉にすると、こんな感じなのです。

 スッと対応しています。我慢ではなく…うまくは言えませんが、意識の向け方というか? 
 その感じが、フッとつかめた気がしました。

 そうすると、意識上で掴まっていたことが気にならなくなりました。アッ、これかな?という
 感じです。

 これまでは波の上で翻弄されていた、ひとしずくが深く潜り始めた感じです。
 静かな静かな海の底で、ひとしずくは何を感じるのでしょうか?

コーチへのメッセージをお願いします。

 これまでのセッションやセミナーは【癒し】【How To論】が主流のようでしたが、
 (否定するものではありません)

 これからのセッションは、【一人ひとりの本質の自覚】のために在るように思いました。

 そして、rubyさんは、そういう存在として、私の前にいらっしゃいました。

 言葉にすると、【在る】は【無い】というパラドックスそのもので、言葉で説明する事は
 出来ませんが、その感じを定着させるには、セッションはサポートになると思いました。