親が与える愛という名の劣等感 vol.46

━━━━◇ Coaching  ◇━━━━━━━━━━━━━━━

愛と感謝をわかちあうコーチング【ユリイカ通信】

http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvllw0mgam0yyxfw

vol.46 2010.6.4

━━━━━━━━━━━━━◇◇ Office Eureka ◇◇━━

こんにちは。オフィスユリイカ rubyこと上原です。

いつも読んで下さっているみなさま     本日もお読みいただき、ありがとうございます。

はじめましての方、本日からよろしくお願いします♪

◆バックナンバー            http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvmlw0mgam0yyxfw                    ◆プロフィール              http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvnlw0mgam0yyxfw        ◆ブログ「コーチという生き方」         http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvolw0mgam0yyxfw ────────────────────────────

このメルマガは、

【本来の自分と繋がり、愛と感謝をわかちあう生き方】

コーチングを通じてこのミッションを実践し続けている     メンタルコーチrubyが、3年間で250人余りの方を

コーチングしてきたナマの現場での学び、気づき、

感動をお伝えします。

【ユリイカ】とは目からウロコという意味の古代ギリシャ語。

あなたにとって「目からウロコ」の情報や

幸せで豊かに生きるエッセンスが、

あなたのお役にたてたらハッピーです♪

<毎週金曜日 配信>                ────────────────────────────

◆◇ 目次 ◇◆

1)親が与える愛という名の劣等感

2)関野 直行ミニセミナー in 岡山

3)ワタシの元気の素 お客様の声

4)編集後記

────────────────────────────  1)親が与える愛という名の劣等感 ────────────────────────────

◆ 親が与える愛という名の劣等感

前回のメルマガの続きです。

始めての方はこちらをどうぞ↓

http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvplw0mgam0yyxfw

不思議な鍼灸院からOリングによって処方された     斎藤一人さんのCDがこちら。

「地球が天国になる話」

親が無意識のうちに、子供に与える

「愛という名の劣等感」のカラクリ・・・。

一人さんが人生最後のテープだと思って

本気で伝えたいと思う気迫が感じられ、    「愛の本質」を本気で見直すきっかけになりました。

このCDを聴いてワタシなりにまとめてみました。

-----------------------

「地球が天国になる話」    ・ 人生の目的は、劣等感(コンプレックス)を克服すること。    劣等感は、親が気づかず与えており、    本人も劣等感を持っていることに気づいていない。    このカラクリがわかれば、大体の問題は解決できる。

・ 魂は親を選んでくる。    親は未熟な魂 親が未熟だから自分もおのずと未熟になる。    ・ 未熟な親のタイプ2つ。    1つは、暴力をふるう親⇒これはある意味わかりやすい。    もう1つは、自分の劣等感を「お前のためだ」と    出してくる親 ⇒これが圧倒的に多く、気づかれにくい。

・ 劣等感がある親は、自分が常に不当に扱われていると思う。    いつも損をしている感じがして、いつも悔しい思いをしている。

・ 劣等感がある親は、子供に対し、愛情という名でうさばらしをする。    子供が泣くほど嫌がるお稽古を最後まで続けて欲しいという。    自分は最後までやったことがないにも関わらず。

・ 子供が成績が良く、いい子にしていたらOK。    いい子なのに、親はさらにいい子を望む。    子供の速度を超えて親はもっと上を望み、期待する。    そうできない子供にガッカリする。    「あなたのこと可愛がっているからだよ」という名目で    ガッカリした顔が、子供に劣等感を与える。

・ 劣等感を与えられた子供は(おとなしいこ)    いいことをした時はお母さんは喜ぶ。    悪いことをしたら、いやがる。    親は自分の劣等感をおぎなうために子供をしかる。

・ やられた子供は、自分が無価値であると思う。    だから人のためにいいことをしなければ    自分は価値がないと思う。    人に喜ばれることをしないと価値がないと思う。

・ それがボランティアなどに繋がる。    でもやっている顔が楽しそうじゃない。    そして、やらない人に対して不平不満を言う。    (もちろん、本物のボランティア心とは別)

・ 劣等感があると、いじめる子、いじめられる子になる。    社会に出ると、自分の劣等感を埋めようと    出世にはげむ。お金を儲ける。    会社で弱そうな人を見つけて自分の劣等感を    その人にはらそうとする。    会社でできない人は、家に帰ってきて    妻、子供に対してそれをする。

・ 劣等感を持ったのは親が未熟である。    子供が劣等感を持つようなところに生まれてしまった。    それをどこかで誰かが気づけばいい。    気づいた人がそれを止める。

・ 人は多かれ少なかれ劣等感を持っている。    自分がどんな劣等感を持っているのか。    親のほうも気づいていない 子供から気力をうばていることを。    「本当にあなたのためよ」と言いながら。    そうやって愛という名の劣等感を与えていく。

・ 誰かが気づけばいい    親も同じように自分の親から同じことをされている。    「お母さんも大変だったね。」と言って因果を断ち切る。    世代に続いてやってきたことをどこかで断ち切る。    そして、自分も人が劣等感を感じることをしないこと。

・ 一生懸命努力しているるのにうまくいかない人    楽しそうにやっているかどうか?    その根本に劣等感はないか?

・ 人が不幸になる最大の原因は劣等感。    親は子供に過剰な期待をしていけない。    いい子でも、そうでなくても、そのまんまでOKということを    子供に伝える。

・ 人は、神が認めているから、この世に生まれてきている。    この世にあなたが生まれてくれたことで最高。    それを伝えよう。

・ 劣等感をなくす、やめることが今世の修行    根拠のない劣等感に気づこう。

-----------------------    読んでみていかがですか?

一人さんが繰り返し、繰り返し伝えていることは    こういうことですよね。

-----------------------

親が無意識のうちに、子供に与える

「愛という名の劣等感」の連鎖に気づいて止めよう

-----------------------

実は、最初CDを聴いた時は、

それほどピンときませんでしたが

何度か聴くうちに(ワタシは10回聴くことが処方なんです)

子供時代のことや両親のことが

フラッシュバックのように現れ、

いろいろと腑に落ちました。

 

女性は仕事を持って、経済的に自立しなくていけない。

一生懸命努力して、成果を出さなきゃいけない。

成果を出せば、人は認めてくれる。

人並みの生活をしなくてはならない。

交際はケチってはいけない。

妻が出かけると夫はあまりいい顔をしない。

人に頼みごとをするくらいなら、自分でやったほうが早い。

などなど。

両親の、特に母親の劣等感の裏返った想いが

自分に染みわたっていることを感じました。

しょうがないですよね。

彼女も必死だったのでしょうから・・・。

自分の中にとどまっていた劣等感は、

気がつくことで、手放すことができます。

手放しながら、これまで世代間でずーっと続いてきた

想いをここで断ち切れたことに対し

感慨深いものを感じました。

 

「母に褒めてもらいたいな」

未だに、自分の中にそんな想いがあることに気づき

時々、ドキっとします。

もう随分年齢的にはオトナなワタシですが(笑)

そんな時は、まだまだ小さな子供のワタシで。

癒されずに傷ついた小さなココロを

オトナのワタシがゆっくりと抱きしめてあげます。

親はこんなにも子供の人生に影響を

与えてしまうのですね。

 

もう小学生になった子供たちも

ワタシと2人っきりになったときは、

膝に乗ってだっこしたり、チューをしたり(笑)

ワタシもこの子達を気づかずに

傷つけているのかもしれませんものね。

せめて甘えてくる時は、無条件で受け止めて

あげたいと思います。

そして、

いい子だから、悪い子だからという条件付ではなく

「アナタの存在そのものが、母さんにはとっても嬉しい」

というメッセージを言葉や表情で伝えていきたいものです。

 

「親が与える愛という名の劣等感」

このカラクリを知り、自分のものとして腑に落ちることは、

人生の大きな転換に、それこそ地球を天国にするきっかけに

なりそうな予感。

アナタは、どう感じましたか?

────────────────────────────  2)関野 直行ミニセミナー in 岡山 ────────────────────────────

今年、ワタシが読んだ本の中で、

上半期のベスト3に間違えなく入るのが、ご存知こちら。

「未来は選べる!」

そう、あの「本田健さん」と「バシャール」という

宇宙存在の対談本です。

バシャールが発信する科学的、かつ多面的な情報を

本田健さんがわかりやすく咀嚼し伝えていますよね。

バシャールの「ワクワクすることをしよう」という

メッセージが、今ではビジネス界にもインパクトをもって

伝わり始めていますが、20年前にexitingというワードを

「ワクワク」と名訳した方が、関野直行さん。

そうワタシのコーチングの師匠です^^

ご自身で訳した言葉のとおり「ワクワクな人生」を

自ら体現しているお方。

その関野さんが、6月8・9日に岡山で3回の

ミニセミナーをします。

内容は、バシャール的コーチング、

コミュニケーション、感情の扱い方などなど。

今、旬である「バシャール」を20年来体感している

関野さんがどうお伝えしていくのか

とってもお楽しみなセミナーですね。

なぜに岡山?

岡山はワタシにとって第二の故郷。

岡山には、大事な仲間達、rubyチルドレンが

たくさんいて、セミナーを盛り上げようと

頑張っているのです♪

応援し応援される関係として、ワタシも援軍サポート。

よろしければ、ぜひぜひ

岡山近郊の方はぜひ足を運んでみてくださいね~。

*****

関野 直行 ミニセミナー in 岡山  ↓来週です!!

<1> 6月8日(火)夜のミニセミナー

「感情を味方につけて、楽しく夢を達成しよう!!」

<2> 6月9日(水)昼のミニセミナー

「コミュニケーションでストレスフリーの家族関係」

<3> 6月9日(水)夜のちょっと変わった、           でも、ためになるミニセミナー。

「宇宙人は優秀なコーチ?!」

詳細はこちらをご覧ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvqlw0mgam0yyxfw

<主 催> 関野直行事務所 sekinonet@aol.com  HP: http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvrlw0mgam0yyxfw

<お問合せ先>内海(うつみ)雪絵  メールアドレス:yukiend@softbank.ne.jp  電話:090-9735-1312  ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvslw0mgam0yyxfw

────────────────────────────  3)ワタシの元気の素 お客様の声 ────────────────────────────

個人セッションのクライアントさんや

セミナーの受講生からいただくお客様の声や

直接いただくナマの声は、りアリティがあって、

こちらまでとてもハッピーになります。

これがワタシの元気の素♪

<個人コーチングセッション アンケート>

◆コーチングセッション期間中に得た気づきや学び、   内面の変化、成果(達成した目標、新しく始めた習慣、   やめた悪癖、チャレンジしたこと)がありましたか?

ルビーさんの質問により、物事を違う角度から見ることが   できるようになった。   新しい発見がたくさんありました。

◆これから(この1年から3年くらいの期間で)   あなたの方向性、ビジョン、作り出したい状態は何ですか?

常に自分がワクワクする事をしている状態。

◆その他ご自由に感想をご記入ください。                        たっぷりと時間を取っていただき、ありがとうございました。   ルビーさんの奉仕の心、これから私も見習って進んで   行きたいと思います。   ビックリする嬉しいプレゼントの数々。   物理的なもの、精神的なものたくさん頂きました。   本当にありがとうございました。

<岡山県 30代 山崎裕美子>

────────────────────────────  4)編集後記 ────────────────────────────

WIN-WIN から HAPPY-HAPPY へ

勝ち負けじゃなく、お互いハッピーという基準。

先日、友人から教えていただいた言葉です。

この感覚とってもフィットする感じ。

これからは、相互 HAPPY-HAPPY を

行動指針にしていこうと思いマス。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

幸せで豊かでセクシーな毎日でありますように☆

● ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら

info@office-eureka.com(ruby)まで。

お待ちしています(^o^)丿

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   愛と感謝をわかちあうコーチング【ユリイカ通信】   http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvtlw0mgam0yyxfw ────────────────────────────   配信中止・アドレス変更はこちらから。   http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvulw0mgam0yyxfw ────────────────────────────       発行元 オフィス ユリイカ       http://k.d.combzmail.jp/t/pby1/90fvvlw0mgam0yyxfw

発行人 上原貴子 ruby       info@office-eureka.com         牡牛座 O型 ヒノエウマ       エンジェルナンバー11「神のメッセンジャー」       マヤ暦 黄色い種と青い嵐

────────────────────────────  copyright(c) office-eureka : 2009 all rights reserved

転送は自由です。あなたの大切な方にどんどん転送して下さい。  ただし、転載を希望される際は、ご一報くださいね。 ────────────────────────────